【SCARY👻STORY】Vol.01 かっぱ橋にまつわる話 – GALAXY
全国送料無料
【SCARY👻STORY】Vol.01 かっぱ橋にまつわる話

【SCARY👻STORY】Vol.01 かっぱ橋にまつわる話

こんにちは。YAYOIです。
私は怖い話や不思議な話が大大大好き😍なので、今回から私の気が済むまでちょっと怖い話や不思議な話を紹介していこうと思います😏

🥺…苦情が来たらやめます。できれば来ないでほしいです…

さて、第一回は【かっぱ橋にまつわる話】

『かっぱ橋(合羽橋)』は私たちの会社の近くにある商店街。

各種の厨房用品や設備に係わる専門店が立ち並び、調理・厨房備品の専門街として有名です。
また、レストランなどで見かける食品サンプルがガイドブックで紹介され、海外からの観光客にも人気の場所なのです✨

そんなかっぱ橋ですが、名前の由来には二つの説があります。

一つは江戸時代にこの地域に住む武士の副業が雨合羽づくりで、天気が良い日には近くの橋に干していたためという説。(武士も副業してたんか😲!)

あと一つは、妖怪の河童から。
それはどんな説かと言いますと…

今から約200年前、江戸時代の文化年間(1804-1818)のお話。

松葉町(現在の台東区松が谷)に 合羽屋 喜八(かっぱや きはち)と言う方がいたようです。
当時のこの地域は水はけが悪く、雨が降ると水害が起こる危険がありました。(梅雨や台風の季節は大変そうです~💦)
なので、喜八さんは私財を投じて堀を作ることにしました。(凄い🙌&偉い😍)
ですが、工事は思うように捗らなかったようです😔

その様子を隅田川に住んでいた河童たちが見ていて、工事を手伝ってくれました。(河童グッジョブ👍)
河童たちは喜八さんの善行に感動して、助っ人に来てくれたようです✨
そのおかげで、無事に掘割工事は完成しました🙌🙌🙌

この商店街から5分ほどの場所に『曹源寺(そうげんじ)』と言うお寺があり、そこに喜八さんのお墓があります。
掘割工事でなんと全財産を使ってしまった喜八さん。
そんな喜八さんに感謝した付近の住民たちによって、喜八さんは盛大に弔われたようです。
そして不思議なことに、河童を見た人は運が開け商売も繁盛したと言われています😍

喜八さんの伝承を由来としているこの説は、なんだかロマンがありますね🥰✨
めでたしめでたし👏😆


【⚡WARNING⚡】

👻怖い表現アリ 以下 閲覧注意 自己責任です👻

【⚡WARNING⚡】

 

 隅田川


今は河童はかわいらしくキュートなイメージがありますが、子どもや牛馬を水の中に引き込んで殺してしまう実は怖い妖怪です。

河童は人間の内臓を食べるのです🍖🍖🍖

川に引き込まれた人間は河童に内臓をえぐられ、骨と皮だけにされたり、前の話のように運が開け~なんてことはなく、見てしまったら精神が錯乱するそうですよ😏

江戸時代 八王子に住んでいた尾崎さんの日記によると、
天保12年(1841年) 夏の暑い日に、繁蔵さんという男性が子供と水遊びに行ったところ溺れて亡くなった。
彼の死体の下半身は損傷(※)しておりなんとも不気味だったと言います。
その死体の様子から、繁蔵さんの死は河童の仕業とされたようです🤯

これから暑くなると水のレジャーも盛んになりますが、皆さんも水辺にはくれぐれもご注意を…👻👻👻

(※)表現を柔らかくしています👼

 

この記事を書いた人:YAYOI